Make your own free website on Tripod.com


●オイラキャンペーン覚書き

 1話、ヤクザに拉致られる。
     出会いシナリオ。各キャラの友人NPC初登場&まきこまれ型で全員顔合わせ。ヤクザと戦闘。
 2話、軌道エレベーター奪還作戦。(05’11’??)
     GMCからの依頼。軌道エレベーターでESTの手先雷神教と戦闘。
 3話、中華系と小林組の抗争(06’01’22)
     狼男登場。中華マフィア娘ペイペイががエイハブ宅に居候。
 4話、岡山のブルーローズ研究所、研究員救出作戦。(06’03’07)
     ESTからの依頼。LOKIの介入と巨竜ファフニールの胎動。タマノデ解雇。イリア登場。
  
企業
・GMC社(組織):大阪で一番勢力の強い企業。元はファッションや服飾を
  中心にのしあがってきた。5年前の株価暴落により信用を
  落としはしたがその権勢は健在。新興のESC(エスト・コーポ
  レーション)とは勢力争い中。 
  懇意になってるトコ。
・アマノハシダテ(施設):軌道エレベーター
  カタストロフ以前に使用されていたもので
  現在GMC主導で復旧作業中。
  マサカリの知人大山ミキ似のフルボーグと遭遇。
・タマノデ(人名):GMC社の研究員。
 アンナの親友マリア・タチバナの上司。
 遺伝子関係の知識にい秀でており、アンナの父についても
 多少かかわりがあるらしい。
  岡山のブルーローズの施設で培養したファフニールが暴走
 してしまったために責任問題を問われGMCを解雇された。
  現在はアンナの用意したセーフハウスでほとぼりがさめる
 のを待っている。

・EST社(組織):GMCに対抗している勢力。
  GMCの社員を買収し新商品エカテリーナを入手しようと
 するが失敗。どこからか旧世代の兵器「ゲイボルグ」を入手
 するも軌道前に破壊に成功する。
  イナビカリ教に出資し軌道エレベーターアマノハシダテを
 確保しようつるが失敗。
  Bローズ岡山支部の研究データを確保しようと研究員の
 救出を依頼。研究員は無事保護されたが、支部に関するデータ
 はロキの介入とファフニールの暴政により喪失した。(扱い)

・エイハブ(人名)もう一人のエイハブ
  ESTに雇われている内改造型フルボーグ
  エイハブ白鯨部隊時代の同僚らしい

・YDC社(組織):昔のキャンペーンででてきたらしい


研究施設
・ブルーローズ(組織):遺伝子分野の研究機関
  アンナの父が所属していた。
  YDCとGMCが出資。
  (アンナの父に関するフロッピー入手)BFの日曜日。
  岡山の施設で「ファフニール」「シグスムント」
  「ガルム」などのロステクを研究していた。
  岡山支部は”事故”により消滅。
・マツイ(人名)
   ブルーローズ岡山施設の遺伝子研究の主任。
  遺伝子研究により元GMC社員タマノデと共に
  ファフニールを培養してしまう。
・ファーフニル(メカニック:特殊)
  バーサーカー・ビーストタイプの亜種。
  ワイズ事件時に突如発生。龍型の特殊固体
 コアを中心とし特殊細胞が周辺の素材と
 生体融合し超兵器化する。融合する素材により
 その性能は変化し過去には飛行を行う個体が
 確認された例もある。
  周囲100mにX線感知能力を備えているらしい。
  能力維持のために睡眠が必要らしい。
  高火力のブレス攻撃が特徴。
 コアが弱点だが厚い装甲に覆われており撃破は困難。
 (コアHP5/1発 装甲A100/80%)
  コアで生成される特殊な体液は希少薬品のリリパット
 の生成素材になると言われている。 
・シグスムント(新薬)
  Bローズで研究されていた新薬。
  ファフニールの生体能力を抑える機能を持つが
  再精製することによりノーライフキングが抽出できる。
・ガルム(生体兵器)
  じごくの こっけん がるむ
  由来:北欧神話に神々の黄昏に備え飼われていた戦闘犬 
  番犬型のミュータントで脳内に処理がされており
  外部コンピューターと連動している。
  また生体兵器と特殊ガスを精製する内部器官を有しており
  火炎を吐きかけることができる。


マフィア
・小林組(組織):大阪で大きい勢力を誇るヤクザ。
   米国マフィアとの抗争に勝ち残り、現在は中国系
  の組織と大阪でシマ争いをしている。
  現在は沈静化しているが、内部抗争の火種を抱え
  ている。
   中華系マフィアが台頭を許すツチノ派の若頭の計画を
  イモト派のシノザキがハンターを雇って阻止した。
  
・ツチノ(人名):小林組、穏健派の代表。
・イモト(人名):小林組、過激派の代表。 
・シノザキ(人名):小林組、イモト派の若頭。
  マサカリ氏と旧知の仲らしい。


・「blood Festival」(組織):崩壊した過激派ボランティア組織
  マサカリが所属していた。
・大山ミキ(人名):死亡していたはずだがカメレオン型フルボーグと遭遇
・入口王仁次郎(人名):そのうちでてきそう

・稲光教(組織):薬物洗脳により強引に信者を増やし増強してる新興宗教

その他
・LOKI(組織):カタストロフに関わった組織らしい。
  一説ではその正体はA級AIであるらしい。
  ブルーローズの研究施設のホストコンピューターで遭遇。
  一連の事件は「遊び」であり、目的いまだ不明。

・イリア・R・アイゼンハワー(人名)
  ジークフリートによって生み出された固体。
  アンナの父の最高傑作。
  外見はやや幼い赤紙のアンナといった様子。
  アンナを嫌っているらしい。

・ジークフリート計画(計画名)
  ワイズの計画した超人作成計画。
  草案だけであったものをアンナの父が
  実用化したらしい。
  薬学と遺伝子工学技術の粋が尽くされている。
 
 

・祖父のペンダント(アイテム)
  アンナの祖父がエイハブの友人ウインチェスターに
 託した遺品らしきもの。
  メッセージのあるマイクロチップが入っている。